平安工房

「こもれび」 土谷寛枇/作

価格190,000円(税抜)
作品サイズ/全長約80㎝(伸ばした足の先まで)

素材/石塑粘土・胡粉・油彩・人毛

2018年7月、パラボリカ・ビスにて開催された「うたかた 麻生志保×土谷寛枇 二人展」の出展作。
「うたかた」はボリス・ヴィアンの著作「うたかたの日々(日々の泡)」を軸に、人形作家の土谷寛枇さんの人形と日本画家の麻生志保さんの日本画とで構成された二人展。

こもれびは土谷さんの出展作中、唯一の眠り目。
関節は首、両肩両肘両手首、腰、両足の付け根両膝両足首。

「ケースに入れて鑑賞するより、身近に置いて触れて、かわいがって欲しい」

土谷さんのそんな思いから、作りはしっかりとしています。
身構えず気軽に触ってもらえるようにと、やや主張の強い感触の下地に何度も油彩を重ね仕上げています。

こもれびの衣装は土谷寛枇さんが仕立てを、麻生志保さんが染めを担当した合作。

土谷寛枇 kanbi tsuchiya

2001年 DOLL SPACE PYGMALION にて佐藤美穂氏、吉田良氏に師事
2007年~2013年
 「人・形展」(丸善・丸の内本店ギャラリー)
 「夜想+ピグマリオン・人形展」(パラボリカ・ビス)
 「諸星大二郎トリビュート展」(パラボリカ・ビス)
 「創作人形展 春」(丸善・丸の内本店ギャラリー)
 「少年とウサギ」(パラボリカ・ビス)
 「古書ドリス東京移転一周年企画 創作人形展」(古書ドリス)
2014年~2016年
 「人形展Eos」(パラボリカ・ビス)
 「村崎百郎館 完成記念祭」(神田画廊)
 「うさぎ展」(代官山ARTS RUSH)
 「グループ展 種」(ギャラリー・ルデコ)
 初個展「真空月」(古書ドリス)
 「人形展Eden」(パラボリカ・ビス)
 「eclectic 夜想+平安工房人形展」(パラボリカ・ビス)
 平安工房 人形展「縁 ENISHI」(京都 春秋山荘)
 平安工房 人形展「縁 ENISHI」巡回展(パラボリカ・ビス)
 土谷寛枇 人形展「Inizio」(パラボリカ・ビス)

その他グループ展など参加多数

Copyright (C) 2003-2016 HeianKoubou. All rights reserved.