平安工房

「髑髏龍水指」 相場るい児/作

価格216,000円(税込)
作品サイズ/最大直径約17cm 高さ約21.5cm
素材/陶

2016年春、京都の春秋山荘で開催の「夜想・髑髏展」に出展された茶道具のひとつ。
髑髏頭の龍が本体をぐるりと囲み、蓋には髑髏を抱く童子。
髑髏から一匹の蛇がぬるり這い出ています。高台は3つの髑髏。

髑髏龍に殺められた母の洒落頭を抱え逃げまどう童子。
童子もまた髑髏龍に狙われている。
それを白蛇となった母の魂が守っている。
という物語が込められた意匠。
作家直筆の箱書きがされた桐箱が付属します。

相場るい児 ruiji aiba

1964年 福岡県北九州市門司出身
1980~87年
 福岡・大阪にて音楽パフォーマンス等の活動を精力的にこなす
1988年
 大阪学院大学卒業
1992年
 愛知県窯業高等技術専門学校卒業
 以降、愛知県瀬戸市にて作陶開始
 全国各地にて個展開催及び展示会に参加

近年の主な個展・企画展
2013年~2014年
 「アートフェア東京2013 相場るい児・個展」東京国際フォーラム/おとまつ画廊
 「相場るい児・陶展ー螺旋」ギャラリー顕美子/名古屋
 「相場るい児・陶展ー幻想陶記」JR三越伊勢丹 アート解放区/大阪
 「相場るい児・陶展ー和華蘭ーWaKaRan」銀座三越・美術ギャラリー/東京
 「相場るい児・陶展ー残像」軽井沢ニューアートミュージアム
2015年~2016年
 「相場るい児・陶展ー転生」ギャラリー顕美子/名古屋
 「相場るい児・陶展ー掌宇宙」銀座三越 アートスペース∞/東京
 「相場るい児・陶展ー寝子覚醒」靖山画廊/東京
 「夜想・髑髏展」パラボリカ・ビス/東京
 「夜想・髑髏展」春秋山荘/京都
 「夜想・蒼月白蛇・髑髏展」パラボリカ・ビス/東京

その他、多数参加

Copyright (C) 2003-2016 HeianKoubou. All rights reserved.